心躍る学びのつれづれ

維摩会 春秋館でお釈迦様の教えを学んでいます

老人ホームの現実に直面

今週は91歳叔母の有料老人ホーム探しで始まり、昨日一応仮契約の運びとなった。

4月に尻もち転倒で右大腿骨の剥離骨折で入院、その後はリハビリ病院に移動して来月末で3ヶ月となり、退院しなければならない。

97歳の母は仮に叔母が家に戻ってきても、以前のように面倒をみる自信がないと言っていた。

叔母にどのように話そうか、と思っていた所、前回のオンライン面会で叔母の方から、たどたどしい話しではあったが、前のように家でやっていく自信はないとのこと、「じゃどこか探すね。」との会話になった。

リハビリ病院退院後のことを考えていないわけではなかった。ご存知の方は分かると思いますが、所謂本人の状態が介護3以上でないと公的な施設である特養(特別養護老人ホーム)には入れない。(特養でも月額十数万円かかる)

叔母は今まで介護1だったが、怪我をしたことから介護の再認定を受けて、その結果が出るのが、6月下旬とのこと、ソーシャルワーカーの人の見解では、介護3になるかどうかぎりぎりのところではないかとの事だった。

仮に介護3と判定されても、その中で更に本人の身体状態や環境状況により、ABCの三段階に分けられ、一番重いAになったとしても、既に待機している人が百人近くいると聞いて、特養に入れるのは無理と理解し、有料老人ホーム探しとなった。

探し始めてみて、有料老人ホームには特養にはない、月額料金とは別に前払金があり、
近場の施設では、前払金に何千万円という数字が書いてある所もあり驚いた。
前払金、月額料金の数字が低いところを選んで電話を掛けてみると、それは「高齢者住宅」というジャンルでいわゆる自立出来ている人の高齢者用住宅であることを知り、また「グループホーム」というのも低い料金設定ではあったが、こちらは医者による認知症の認定が必要とのことで叔母は該当しない、ようやく「有料老人ホーム」と書かれているものから探すことが分かった。

同じ区内は料金的に高すぎるので、隣県を見てみると、今度は空きがある施設はぐっと遠くになった。そこで住んでいる区の、隣の区内で家から近い所を選び、数カ所に電話を掛けてみた。
その中で対応がしっかりしていて、感じもよく、料金設定も低い所を、早速翌日に見学に行ってみることにした。

その後、母や主人や近くに住んでいる93歳の叔父(叔母の兄)にも見学してもらい、結果仮契約となった。

今空いている一部屋は、比較的状態が良い人用で、看護状態がそれに該当しないと施設側が判断すると、待機となることを告げられた。

その一部屋を見学したとき、両面に窓があり、その明るさが決め手になった。

〈本日36度超えの空〉

夏越の祓い(なごしのはらい)

昨日、維摩会 春秋館では毎年6月に行われる、夏越の祓い(なごしのはらい)の行事が行われました。
普通、夏越の祓いとは、茅(かや)で作った大きな茅の輪をくぐり、心身を浄めて厄災を払い無病息災を祈願します。

一年の内で半年が経過し、半年で溜まった心身の諸々の穢れを祓い、残り半年へ向けて新たなる祈願による発進となりました。

維摩会は明治以前の神仏融合の姿を再現することを目指していますので、神道の宗教行為である「祓い」で通常ですと旧暦6月30日に催される「夏越の祓い」を行っています。

そこで本会は全てにおいてそうですが、茅の輪作りの本気度も半端ないです。
茅の輪作りに先立って、川辺に自生している茅(かや)を採取してきて、鮮度に気を使いながら、全て自然なものを使い、立派な青々とした茅の輪を作成しました。

今年水辺の水性植物(しょうぶ類)の成長する速さを感じる機会がありましたが、それよりも大の大人がすっぽりと隠れても余りある程に成長した茅は、吹く風にゆっくりとたなびき、今まであまり体感したことのないリズムを刻んでいました。

大いなる存在に頭を垂れ、自然の植物の力を借りて、半年の穢れを祓う行事、ここには四季折々の自然と共に生きてきた古来の日本人と変わらぬ昔と今が在りました。


ノルウェーフィヨルド
本朝4時NHK番組より

めざせ陽気暮し!!

96歳の主人の母は、勉強が良く出来たらしく戦争中、海路図を書くのに学校から駆り出された、3人の内の一人だったという。また身体も丈夫で、数年前、私が足先が冷えると言っていた事が、ようやく分ったと聞いてびっくりした。それまでは足が冷えることはなく、それを体験してみて、私が何を言っているのか、意味が初めてが分ったと言う。
瀬戸内寂聴さんが、90歳になった時、「始めて年をとったと実感した。」という話しを聞いたことがあるが、それに近いものがあるのかもしれない。
ここのところ肩の腱内の石灰沈着による、痛みの為に眠れない症状に悩まされていた。町の整形外科に通ってどうにかこうにか最悪の状態からは抜け出したところだった。
その母が、前にも紹介したが、機能型訓練デイケアに週一回通い始めて1ヶ月、結構くたびれるようで、様子を見ているところ。
週2回通っている99歳の方をはじめ、90代の人も数人いるとのことで、皆さん長く通っているベテランさん揃いで、楽にこなしているみたいです。
母との会話で「この肩の状態では手を上に上げる動作がどうしても皆より遅れる」と。昔から何でも良くできて、教わる立場において、自分が劣等生であったことなんてそうそうなかったんじゃないかなぁ。
「この肩、前と同じように動かないかなぁ。」
「皆さんはベテラン選手、同じようにやろうとするのは無理があると思うよ。」
「肩はやっと最悪の状態から抜け出したばかりだから、気長にやっていかないとね。」

記憶力も良くて一度聞いたことは忘れることはなかったらしく、「今はポンコツ!!」とよく嘆いている。
確かに忘れてしまうのは会話をしていて感じますがねぇ。

今の母は本当に優秀な96歳だと思う。なるべく子供たちに世話をかけまいとして、日々努力をしている。だからこそ思う、失った物を嘆いても自分が辛くなるばかり、今ある自分を大事にして陽気暮らしが大事だなあと、つくづく思う。
年を取れば取るほど、私お得意のマイナス志向のダメージは、大きいのではないかとも思った。
若いころの自分に執着し追い求めても何も生まれないどころか、自分を痛めてしまうし、今まで頑張ってきた自分を否定してしまう。
母の年齢になっても楽しく笑い飛ばせる自分に「ヘ〜ンシン」しなくちゃ。


〈本朝雨に濡れる、がく紫陽花〉

初挑戦!にわくわく

先に漬けた梅5キロはこんな感じです。ビニール袋に水を入れて重しにしています。

漬けて2日で白梅酢がこんなに上がって来ています。

分かりますでしょうか。
今まで漬けてきて、白梅酢が上がってくるスピードが一番早いかもです。例年13%の塩で漬けていたのですが、年々減らして今年は10%に挑戦、なのでいつもなら、残っている塩の固まりが見当たらず既に全部溶けてしまっています。
白梅酢が早く上がってくるように、漬け始め、少し出てきた白梅酢を、瓶を傾けて上の方の梅にも白梅酢がかかるように、一日に何回も傾けながら回します。梅の子守をしているみたいにです。
でも今年はあっという間に白梅酢が上がってきたので、その回数は圧倒的に少ないです。手間のかからない子供なのでしょうか。

残りの2キロの梅は今冷凍庫の中にあります。

初挑戦!
スーパーの梅の売り場に冷凍の方法が表示してあり、試してみることにしました。
一晩冷凍して漬けると、重しがいらないとのこと、重しがいらない梅干し漬けとは画期的!どんな仕上がりになるでしょうか。
注意点として、皮が柔らかくなるので、天日干ししたとき破けないように、とありました。
これって私経験済みなんです。とても柔らかい仕上りの梅を一日天日干した時のこと。カラカラになった梅が竹籠に張り付いて、剥がそうとすると破けてしまい、どうしてよいか分からず、放置しました。翌日見ると梅から梅酢が出てきて、カラカラだった梅は干す前のようにしっとりとなり容易に剥がすことが出来たのでした。

うきうきイベント到来!

今年もこの季節がやってきました。そう梅干し漬けの季節!!です。
現在、昨日宅配で届いた無農薬5キロの南高梅と本日スーパーで購入した2キロの南高梅があります。先に到着組は明日漬ける予定です。

梅を購入して漬けるのは、数年ぶり、今年は梅の実があちらこちらで成らなくて久しぶりの購入となりました。
昨日から部屋の中でふっとした時、梅の香りが漂って、とても幸せな時間を過ごしています。
以前、大きな紀州南高梅を取り寄せてして漬けたことがありました。到着してから時間の経過と共に、見事な黄色い梅が熟成状態となり、それに連れて香りも強さを増し、それはそれは幸せな香りが部屋一杯に広がっていました。いつまでもいつまでもこのままにしておきたいと思いましたが、そこは常無(つねな)らずの世界、香りも弱くなりだし、柔らかくなりすぎた梅も漬けるのに適しませんので、次の工程へと進みました。
漬ける時にホワイトリッカー(アルコール度35%)を梅の実や容器に吹き付けることを覚えてからは、雑菌混入に関して随分と気が楽になりましたが、やはり塩をまぶした梅を瓶に収め、白梅酢が梅全体を覆うまでは気が抜けないです。
でもこんなにも手がかかる梅干し漬けなんですが、私の中ではうきうきわくわくのイベントなんです。
梅干し普段は好物というわけではありませんが、お腹を壊した時や風邪を引いて何を食べても美味しくない時、梅干しの有り難さはひとしおですね。
日本人と梅の繋がりは深いといいますが、遺伝子に動かされてなのか、はたまた腸に動かされてなのか、梅干し作りには何か衝き動かされるもの感じます。

混沌から轟音へ

誰しも、踏切の「カンカン」という音、耳にしたことあると思います。

小さかった頃は身近で聞くことが多かったですが、都会においてはどんどんと線路の高架が進み、大人なる頃には、生活圏内で消えていったも物の一つでした。
それが数年前に主人の実家に引っ越して来て最寄の駅前に踏切が出現しました。

都内でも残り少ないと思われる、踏切を有する某私鉄沿線です。ようやく高架化の話しが出てはいますが。

この駅前、影像ではレンズの関係で広く感じられますが、
狭い中、踏切前で待つバスは向う側のバスターミナルへ。またそれとは別路線のバスが駅前の停留所で待機した後、ゆっくりと方転換をして、一方通行の道へ進みます。
その為バスを誘導する係員が常駐していて、買物のため、角のやおやの前で自転車を止めたようとした時「バスが回転出来ない」と注意されたことがありました。
進入してくるバス、タクシー、自動車の流れる方向は決まっているものの、駅前にはスーパーもあり、集まってくる自転車たちは縦横無尽に走っています。
引っ越して来たばかりの頃、久しぶりの踏切に「今どき踏切がこんなに身近にあるなんてびっくり」と思うと同時に、自転車でこの広場を突き切るのが恐くて、「まさにカオス!」と思いました。
それが今やすっかり慣れて、混沌と思えた中にも秩序があり、その場の流れに乗ってスイスイとぺダル漕いでいます。

現在はそれよりも、人と自転車専用の別の踏切で、目の前を地響きと共に轟音をたてながら通過していく電車の迫力に心奪われています。

犯人は顔見知りだった


公園などで、小さいな虫が沢山かたまりになって、ふわふわと飛んでいるのに、出くわしたことあると思います。 これがヌカカ(糠蚊)ということを、最近ニュースで知りました。

体調1〜2ミリと網戸も、すり抜ける小ささで、気付かない内に衣服に入り込むので別名「スケベ虫」「エッチ虫」とも言われるそうです。
集団で襲うので数カ所刺されることもあるそうです。

数年前からでしょうか、この時期、蚊に刺された覚えはないのに、猛烈に痒い赤い虫刺されの跡を見かけるようになりました。
この時期主人は仕事柄、樹木の剪定をするので、何か虫を運んでくるのかと漠然と思っていました。

子供の頃から見ていたあのふわふわの固まりが犯人だったとは。

これ痒いたらアウト、痒けば痒くほどモーレツに痒くなりますから。痒み止めを塗って痒かないようにしています。
お風呂に入って温まると痒みがぶり返してきますが、じっと我慢です。

因みに飛行能力はないとのこと、だからどこかに飛んで行くわけでもなく、あの場所で固まりになって、ふわふわしているんてすね。